ベストの指針を実践した体験談
○ベストの指針の中の「礼儀正しい挨拶」「社会や人の役に立つ事を考え行動する」を実践して

就職面接の時に「ベストの指針」の中の『礼儀正しい挨拶』を実践するとともに『社会や人の役に立つことを考え行動する』、即ち(就職先である)病院や患者様のお役に立てるスタッフになる決意をお話しすると、1人の採用に対して20〜30人応募者がいたにも関わらず即決で採用を頂きました。また、すぐに給与も上げて頂き、まだ経験が浅いにも関わらず色んな仕事を任せて頂けるようになりました。自分でも驚くほど信用して頂いており、「ベストの指針」を実践することの素晴らしさを実感しています。これからも「ベストの指針」を身に付ける努力をさせて頂きながら、日本が道徳に満ちた国になる事と命を大切にする国になる事を心から願ってお手伝いをさせて頂きます。

金沢交流会 女性
----------------------------------------------------------------------------------


トップページに戻る