1. ベストグループ北陸東ブロック会員ホームページ > 
  2. ベストグループ見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」一覧ページ

ベストグループ見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」一覧ページ

  • 2015年(平成27年)10月17日 ベストグループ北陸地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。私はこの世界に来て、永遠の幸せはないだろうかと考えるようになりました。どっちみち成功しても敗れるのですから。 光の反対は何ですか。光の反対は闇です。物質は光側ですか、闇側ですか。闇側です。物質から光は放出していません。太陽の光が当たり、電気の光が当たり、ろうそくの光が当たり、光が当たるから反射するのです。反射の波形や波長によって形が分かり、色が分かるのです。学校で学んだではないですか。私は高校の時に学んだ内容をいまだに覚えています。

    続きはこちら >>

  • 2015年(平成27年)10月17日 ベストグループ北陸地区見聞会 ②

    次に、隣の人と手のひらを五センチ程度に近づけて「白色、白色」と思って下さい。そうすると、思いはどのようなパワーになりますか。ほとんど感じないと思います。白色は無ですから、人に害も与えないし、悪い影響も与えません。心が浄いな人が「命、命」と思えば、その思いはエネルギーとして出ていきます。これは白色の心と同じなのです。つまり、心が浄いな人だけが命の存在が分かるように創られたのです。白色の心になれば永遠に幸せになるのです。

    続きはこちら >>

  • 2015年(平成27年)10月17日 ベストグループ北陸地区見聞会 ③

    では、命が無ければ生きられるのですか? 太陽があるから地球が存在するのでしょう。太陽を認めずに地球の中の物質だけを認めたら、物質は手に入らないでしょう。人間は命があるから肉体があるのです。肉体は物質です。物質しか認めない方がどうして幸せになれるのですか。物質を生かしておられる、目に見えない命の存在があるのです。

    続きはこちら >>

  • 2014年(平成26年)12月7日 ベストグループ北陸地区見聞会①

    皆様、おはようございます。昨日突然雪が降りまして、日本海側の方は大変です。先日の見聞会・一日研修に、あるご年配の方が杖を突いてお見えになっていました。「背骨が痛い」と言っておられましたが、楽になられたそうです。「感謝をしたい」と言って、「これからもこれを機会にお役に立てるお手伝いをさせて下さい」という決意の下に、仲間が本日の見聞会・一日研修へ連れてきてくれました。

    続きはこちら >>

  • 2014年(平成26年)12月7日 ベストグループ北陸地区見聞会②

    ベストグループが善いグループか善くないグループかは、あなた方が判断して下さい。本部の社員さんたちには、親に感謝の気持ちを表しなさいということで、僅かな金額でも毎月仕送りをさせているのです。

    続きはこちら >>

  • 2014年(平成26年)12月7日 ベストグループ北陸地区見聞会③

    衣川(大先生)は偉大なる境地に少し到達させて頂いたようですから、育ての母が亡くなった時も研修をすることができました。私は真実を知ったから、研修も堂々とできるのです。「母」という肉体に付いた名前が無くなっただけです。母は肉体に付いた名前です。その肉体に付いた名前が無くなってなぜ一喜一憂するのですか? 肉体が自分だと思っているから苦しんでいるのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)2月6日 ベストグループ甲信越地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。お金が幸せの元だと思っている方がたくさんおられます。確かに、お金が無ければ人間社会では生きてはいけません。お金が無ければ子供を学校へ行かせることもできませんし、怪我をしたら病院へも行けません。ですから、お金は必要な最低限のものなのです。しかし、お金は生きる目的ではないのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)2月6日 ベストグループ甲信越地区見聞会 ②

    人間関係で負けるのは、あなたが気にするからでしょう。間違った生き方をしていれば恥じるけれど、正しいことをしていたら恥じる必要はありません。人間は皆、考えが違います。間違っている人は人の悪口を言うのです。正しい人は人の悪口を言わないのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)2月6日 ベストグループ甲信越地区見聞会 ③

    そして五年目には一千億円の売上目標を掲げました。そうするとお金の魅力に負けて、俺の力と言い出したのです。「これは目に見えない力だ」と言っていた時には、働いて下さる方々に「皆のお陰だ。ありがとう、ありがとう」と言っていたのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月2日 ベストグループ関東地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。人生とは本当に儚いものです。いつ何が起こるか分かりません。人間は生まれたら死ぬのです。その短い人生をどのように生きるかが大事であると、いつも説いているのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月2日 ベストグループ関東地区見聞会 ②

    「今日の衣川大先生は素晴らしかった」とか「今日の衣川大先生は冴えなかった」とか、一つ一つを見られているのです。つまり、あなた方もいつも見られているということを言いたかったのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月2日 ベストグループ関東地区見聞会 ③

    子供の時に学んだことは、社会に出たら活きていくのだろうと思います。「苦労は買ってでもしなさい」と言われます。子供に苦労をさせない親の考え方は間違っていると思います。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月22日 ベストグループ中国・四国地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。人間は目に見えない力がなければ生きていけません。例えば、空気がなければ生きていけませんし、引力がなければ生きられません。命がなければ生きていけません。一番大事なことは、私たちは目に見えない存在に生かされているということです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月22日 ベストグループ中国・四国地区見聞会 ②

    アジアを見ても、中国人と韓国人、モンゴル人、ロシア人を比べても、顔や言語は違います。ロシア人は色が白くて目が青いです。北に行くほど太陽に当たる時間が少ないので色が白く、目が青いのです。国ごとに全部人種が違うのです。人種ごとに国があるのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月22日 ベストグループ中国・四国地区見聞会 ③

    それでも、日本は世界に比べると犯罪は少ない方だと言われています。他の国に比べると、日本は夜でも安心して歩けると思います。世界中には、夜は一人で歩けない国がほとんどです。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)1月28日 ベストグループ東北地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。二歳半の時に生みの母が私を置いて、どこかへ行きました。それは神様が母親をチェンジなさったのだと、私はそう信じているのです。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)1月28日 ベストグループ東北地区見聞会 ②

    我々の小さい時は、ご飯が食べられなくても、子供にはお金の話は一切しませんでした。それよりも命の尊さと人間性、人格の大切を教えられて、私たちは大きくなったのです。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)1月28日 ベストグループ東北地区見聞会 ③

    そうすると、縋ったとたん、人生が瞬時に変わったのです。運に見放されていたのに、また運が良くなってきたのです。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)2月12日 ベストグループ関東地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。人間は毎年、同じような季節を味わいながら生きております。季節は春、夏、秋、冬があることを知っていますから、それに対応するような準備をすることができます。ところが人間の人生は、突然苦しみがやってきます。自然界と同じように、予期せぬことが突然起こります。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)2月12日 ベストグループ関東地区見聞会 ②

    しかし、私は十件行けば七件はご注文して頂ける方法を編み出しました。それには、まず人格が大事だと思いました。人間性が善くなかったら信用されないのです。だから、私は人格者形成のトレーニングばかりをしてきました。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)2月12日 ベストグループ関東地区見聞会 ③

    クリシュナが亡くなった後、その教えを伝えていくのが聖者の役目だと、インドでは言われました。そして百年前に、シルディという方がお生まれになりました。私は六年前に亡くなられた偉大なる御方から使命をお預かりしました。この方につながる努力をしたら、真理が分かるようになりました。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)2月25日 ベストグループ道北道東地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。今日は十勝(とかち)晴れだそうですね。皆様の人生もそうでありたいと思います。皆さんを後ろから見ていますと、人によって様々な人生を歩んでおられるよううに感じます。幸せな人生を歩んでいる方はほとんどおられないかも知れません。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)2月25日 ベストグループ道北道東地区見聞会 ②

    それから「大きくなったら出世しなくても良いけれど、社会にご迷惑を掛けてはいけないよ」と教えてくれました。これは育ての母の物の考え方です。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)2月25日 ベストグループ道北道東地区見聞会 ③

    四年で、働いて下さる方が五千四百名を突破しました。普通ではあり得ません。そして、五年目に無理な売上目標を掲げて、とうとう私の人格が破綻しました。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)2月26日 ベストグループ道央・道南見聞会 ①

    皆様、おはようございます。人間は幸せになりたいと思って、一生懸命に生きているのです。しかし、人間は苦しむために創られたのです。だから、「真の幸せってあるのだろうか」と思うのです。中には「お金持ちになれば幸せです」、「良いものを買ってもらえれば幸せです」と思う方もおられます。しかし、それは一時的ではないですか。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)2月26日 ベストグループ道央・道南見聞会 ②

    人生が一度なら、喜びの人生と悲しみの人生のどちらを選びますか?(「喜びの人生です」)不幸と幸せならばどちらを選びますか?(「幸せです」)それには、それに相応しい人間にならないと幸せになれないということに、どうして気づかないのでしょうか。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)2月26日 ベストグループ道央・道南見聞会 ③

    父は「ボーイズビーアンビシャス。少年よ大志を抱け。晃弘、大きくなったら夢がなければいけない」「父ちゃん、夢って何?」「人類や社会の役に立つという夢だ。その夢はお金では買えない。人類や社会のために役に立ちたいという志が大きければ大きいほど、大きな人間を育てる。志が小さい人間は、小さい人間で終わる」と教えてくれました。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)3月4日 ベストグループ中国・四国見聞会 ①

    皆様、おはようございます。私はお金儲けをするために事業をしたのではありません。仕事とは人を育てることだと思って、努力したものです。まず、私自身が立派な人間にならなければいけないと思いました。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)3月4日 ベストグループ中国・四国見聞会 ②

    体だって病気になる方が良いですか、健康の方が良いですか。根が腐っている方が良いですか。根がしっかりと張っている方が良いですか。根は見えません。見えないものを否定する方は、根の張りが分からないのです。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)3月4日 ベストグループ中国・四国見聞会 ③

    お金のことで一喜一憂しない人間になるのです。病気のことで一喜一憂しない人間になるのです。つまり真理に到達すると、この世のことで一喜一憂しない人間になるのです

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)3月11日 ベストグループ京滋奈見聞会 ①

    皆様、おはようございます。人間は生まれたらいつ死ぬか分かりません。今の若い方は、「死ぬ」ということにあまり関心がないと思います。生まれたら死なないと思っているのです。生まれたら死ぬに決まっているのです。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)3月11日 ベストグループ京滋奈見聞会 ②

    それでも、女性は満足しないのです。女性が最後に求めるのは、夫から愛されているかどうかなのです。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)3月11日 ベストグループ京滋奈見聞会 ③

    愛イコール真理です。真理とは真の教えです。インドの愛する偉大なる御方(おかた)は「真の宗教があるとしたら愛の宗教である」と仰いました。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)5月28日 ベストグループ関東見聞会 ①

    皆様、おはようございます。みんな幸せになるために一生懸命に生きておられます。幸せとは何なのでしょうか。幸せは人それぞれ違います。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)5月28日 ベストグループ関東見聞会 ②

    その後、四十年以上経って、当時の課長に電話をしたら覚えて下さっていました。私は信用されていたのです。課長は「あなたのような人間はいまだにいない。あなたのように嫌なことを喜んでする人、細かいことまで気配りする人はいなかった」と仰いました。

    続きはこちら >>